第1チャクラとアロマ

チャクラとアロマ

第1チャクラとアロマ

第1チャクラは、私たちの基礎基盤であり、根っこにあたるチャクラです。

今この瞬間にしっかり立つこと、根ざすこと。

大地にしっかり立つこと、根ざすこと、

自分の体に、人生に、しっかり根ざすこと、そしてこの命を生きること。

現実世界に、しっかりと立つこと、根ざすこと。

安心して、ここに存在すること。

そのために働いてくれているのがこのチャクラ。

アロマもそんなエネルギーを持つものが、お勧めです。

★根っこから取れる精油

*ベチバー  *ジンジャー *アンジェリカ

★木の幹から採れる精油

*シダーウッド *ローズウッド *サンダルウッド *シナモン(樹皮)

★樹脂から取れる精油

*フランキンセンス *ベンゾイン *ミルラ

★香草からとれる精油

*パチュリー *コリアンダー *レモングラス

★おすすめブレンドアロマ

*グラウンディング(ヤングリビング社)
[安定] グラウンディングはリラクゼーションと安定をもたらしてくれる香りです。混沌とした感情は判断力を鈍らせます。グラウンディングは心穏やかに、現実的、論理的に物事を対処できるように地に足をしっかりつけた状態へ導くのを助けます。
(ホワイトファー、スプルース、イランイラン、パイン、シダーウッド、アンゼリカ、ジュニパー)

*ヤングアバンダンス(ヤングリビング社)
ヤングアバンダンスは自分の周りと同調するエネルギーを高めるためにブレンドされました。Abundanceとは繁栄・裕福意味します。エネルギーを高め、あなた自身が満たされることで、周りもあなたの豊かな魅力に引き寄せられます。
(オレンジ、フランキンセンス、パチュリー、クローブ、ミルラ、ジンジャー、シナモンバーク、スプルース)

*マグニファイ ユア パーパス(ヤングリビング社)
[実現力] 逆境に打ち勝つ力を与えてくれる香りです。ついつい物事を先送りしたくなる気持ちや自己憐憫を克服し、第一歩を踏み出す力を与え、人生の目標を遂行して偉大な結果を得られるよう勇気づけてくれます。
(ハワイアンサンダルウッド、セージ、コリアンダー、ナツメグ、パチュリー、ベルガモット、シナモンバーク、ジンジャー、イランイラン、ゼラニウム)

*プレゼントタイム(ヤングリビング社)
[前進] 「今」この瞬間に生きていることを意識させてくれる力強い香りです。過去にとらわれず、今現在の自分のあり方を意識することによって、人は前向きに、先に進むことができると言われています。
(アーモンド油、ネロリ、スプルース、イランイラン)

*スリーワイズメン(ヤングリビング社)
[目覚め] キリスト誕生時に東方の三賢者が持参したフランキンセンスとミルラを始め、古来、宗教的儀式や瞑想に用いられてきたオイルをブレンドしました。心を癒し精神的意識を高め感情のバランスを整えてくれます。
(アーモンド油、ハワイアンサンダルウッド、ジュニパー、フランキンセンス、スプルース、ミルラ)

※ 申し訳ありません。会員登録による精油の販売は行っておりません。

セッションを受けてくださった方へのみ、必要なアロマをブレンドしてお渡ししております。


≫第2チャクラとアロマ

 


 

Lesson1:揺るぎない心の基盤を作ろう(動画セミナー)

【内容】

・「生まれてきて良かった!」そんな心の基盤を作ろう

・あなたは、奇跡の人です。~ある婦人科ドクターの言葉~

・あなたは、命懸けで生まれてきました。

・生まれてきた意味は、自分で決める!

・あなたという存在の正体

・自分という存在を大切に思える心を育てる方法

 

Lesson1のみの受講:1レッスン4800円+消費税  

お申し込みは、こちら

↓↓↓




ご精算後、レッスンページへのリンクとパスワードが表示されますので、

ページを閉じずにお待ちください。(ページの保存をお願いします)

 

Lesson2:揺るぎない体の基盤を作ろう(動画セミナー)

【内容】

・体があるからこそ・・・

・大切なのは、体との信頼関係

・エネルギーが足りないときは・・・

・体とつながり、思いっきり働いてもらう方法

 

Lesson2のみの受講:1レッスン4800円+消費税  

お申し込みは、こちら

↓↓↓




ご精算後、レッスンページへのリンクとパスワードが表示されますので、

ページを閉じずにお待ちください。(ページの保存をお願いします)

メンタルコーチ@大津真美

1,313 views

大学卒業後、精神科病院重度慢性患者のための閉鎖病棟・完全個室の精神科集中治療室配属の心理士として1年半に渡りカウンセリング、心理検査に従事し、退職後はセラピ...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。