ラベンダーの精油とチャクラ

こんばんは!

メンタル・チャクラコーチ大津真美です。

今日は、以前「ふらんきんせんす」というアロマのショップ&スクールをしていた時に

書き溜めていたアロマの情報をシェアしていきたいと思います♪

といっても、5つくらいでダウンしていたのですが・・・。

何かしら、参考になりましたら嬉しいです♪

まずは、定番のラベンダーから(ღˇᴗˇ)。o♡

 

アロマセラピーといえば、ラベンダー・・・

とってもメジャーな精油です。

きっと、知らない方はいないのではないでしょうか。

 

それもそのはず。。。

 

ラベンダー精油は、近代においてアロマセラピーが体系化する、

きっかけとなった精油でもあるのです♪

 

また、私たちをいろんな場面で助けてくれるのが、

この精油でもあります。

 

主な成分は、

☆酢酸リナリルなどの エステル類 45%

☆リナロール・ラバンジュロールなどの
モノテルペンアルコール類 36%

 

主に、鎮静作用、鎮痛作用、抗炎症作用、

抗菌・抗ウイルス作用、抗けいれん作用

癒傷作用、皮膚の細胞成長促進作用などがあります。

 

ラベンダーから、私が感じる色は、

クリア・ピンク・レッド・ゴールド・イエロー・オリーブグリーン・ブルー・バイオレットです。

以上の色と臨床での資料(スクール生の方数十名に香りを嗅いで、オーラソーマのボトルを引いてもらったもの)をあわせると、

以下のような身体へのサポートが期待できます。

 

第1チャクラ(レッド): 関節炎、捻挫、骨折などに伴う炎症 (抗炎症作用)

第2チャクラ(オレンジ・ゴールド):生殖器のトラブルに・・・生理痛など(鎮痛作用)・感染症(抗菌・抗ウイルス作用/免疫力アップ/抗炎症) ・利尿作用

第3チャクラ(イエロー):胃・大腸の緊張・痙攣に伴う痛みや下痢(抗痙攣作用/鎮痛作用)

第4チャクラ(グリーン・オリーブグリーン:呼吸器系の感染予防(抗菌・抗ウイルス/免疫力アップ)

第5チャクラ(ブルー):抗炎症(のど・気管支・歯・歯茎)

第6チャクラ(ロイヤルブルー)第7チャクラ(バイオレット)
不眠・頭痛・神経の緊張に(自律神経系の調整・鎮静作用・鎮痛作用)・火傷や切り傷などに(癒傷作用)

 

以上のの色は、ラベンダーの香りをききながらひいた

オーラソーマのボトルたちにも反映されています。

%e3%83%a9%e3%83%99%e3%83%b3%e3%83%80%e3%83%bc

上段左から、

B61 サナトクマラ&レディーヴィーナスクマラ

B44 ガーディアンエンジェル

B81 無条件の愛

B42 ハーベスト 収穫

B76 トラスト 信頼

下段左から、

B16 ヴァイオレットローブ

B101 大天使ヨフィエル

B83 オープンセサミ(開けゴマ)

B60 ラオツー&クライイン(老子と観音)

B80 アルテミス

 

オーラソーマのボトルやその他文献で調べたことをあわせると、

心や精神・スピリットへのサポートは、以下の通りのようです。

 

○女性的な優しさと強さを思い出させる

○目の前の困難と向き合うことで、自分の内にある苦しみや、

鬱積した感情に気づけるようサポート。

○過去のショックやトラウマを癒し、苦しみを手放して、

必要のなくなったパターンや価値観を壊し崩していく。

すべての制限から、自分を解放し自由になる。

→今まで積み上げてきたものをいったんすべて崩してしまう

→崩れ去った何かの後に新しい何かを再構築していけるようサポート

○自分自身を無条件に慈しみ愛せるようサポート

○自分の中心に軸を戻し、自分自身の輝きに心を開く

○ネガティブな思考からポジティブな思考へと導く→今までと違う世界が見えてくる

 

※テーマは、癒しと変容

以上、ラベンダーのレポートでした
なお、ここで出てくる色は、私個人が感じた色です。

皆さんは、ラベンダーからどんな色を感じますか?

きっと、感じた色のサポートを受けると思うので、

自分自身の感じた色やイメージを大切にされてください(^^)

関連記事

  1. 第6チャクラとアロマ

  2. 第3チャクラ(ソーラー・プレクサスチャクラ)の活性化方法

  3. 7つのチャクラの活性化で人生が虹色になる理由

  4. 第7チャクラとアロマ

  5. <第3チャクラメッセージ>今は、●●するときです!

  6. その願いを諦めないでください!

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

【おすすめ講座】

Follow Me (ღˇᴗˇ)。o♡

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

最近の記事

カテゴリー